淀川邸




■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-04-17 21:41 | グルメ/レシピ | Comments(0)
ぼくが猫の行動専門家になれた理由




「ぼくが猫の行動専門家になれた理由」ジャクソン・ギャラクシー著

アニマルプラネットで放映している「猫ヘルパー〜猫のしつけ方教えます」
原題は「My Cat from Hell」←こっちの方がいい。
世界180カ国で放映している人気番組。

暴れる、いじめる、噛み付く 引っかく 所かまわずおしっこをする困った問題猫に
お手上げの家庭を訪問して 猫目線で家族が平和に暮らせるように
アドバイスするジャクソン氏。
スキンヘッドにヘンてこな髭、デカいピアス、体全体にタトゥーで巨体。
おまけにピンクのオープンカーに乗って 大きなギターケースを持って来る。
どう見ても 裏街道の人、怖いw
彼はまず大人の話を聞き、子供の話を聞き、そして猫の様子を見て
いくつかのアドバイスと宿題をおいて帰り、また様子を聞きに来る。
そして魔法のように犬猿の仲の猫どうしを同じ部屋で過ごせるようにしたり
なつかない猫を可愛い甘えん坊に変身させたりする。


いったい どういう人物なんだろう。
と本を読んでみた。
保護施設にいたという話は番組の中でもちらほら話すので
心構えはできていたが 重い本である。
猫というよりジャクソン・ギャラクシーという男が生きてきた
意外過ぎて途中猫と何の関係があるねんとつっこみたくなるような
思いもつかない展開と転機だらけのガタガタな半生。
先が気になって一気読みしてしまった。

ネタばれになってしまうので あまり書けないけど
このマフィアのような風体のオッサンがクライアントに話すときの説得力の強さ、
猫や子供に対する時の繊細な優しさの矛盾がどこから生まれたのかという
謎は解ける。

それにしても当たり前のことだけど 「引越しするから」「年とったから」と
保護施設に長年飼った動物を連れてくる人間、
年間 殺される動物の数にため息が出るけど
地道に活動している人たちもいる。
微力でも応援したいと思う。


■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-04-05 16:35 | その他の本 | Comments(0)
Ransom &Mitchell展
Ransom &Mitchell展"The Darklings"
行きたいな


Ransom &Mitchell

■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-04-03 16:37 | 美術 | Comments(0)
Ferdinand Hodler
Hodler展に行った。

■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-03-25 21:35 | 美術 | Comments(0)
地獄の沙汰も?


とても怪しい。でも中はカジュアル。
■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-03-22 18:09 | グルメ/レシピ | Comments(0)
シンデレラ
シンデレラ
懐古調王道風?


おとぎばなしの主人公のその後を描く
「イントゥ・ザ・ウッズ」も面白そう。

■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-02-24 10:59 | Comments(0)
ハープコンサートと展示会
ハープの発表会と展示会に行きました。

始めてSALVIのハープを試し弾きしてきました。
画像はMINERVAです。
DIANAや色々なハープもありました。









■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-02-23 00:20 | | Comments(0)
パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト
斬新過ぎて観客に野次を飛ばされる中、パガニーニの才能を見出したウルバーニは
一ヶ月で君を売り出そうと契約させる。
賭博にヴァイオリンまで賭け、女に溺れ、約束は守らない天才パガニーニは
ウルバーニの手腕で一躍有名に。
すったもんだの挙句ロンドン公演にこぎつけるが滞在したワトソン宅の令嬢
シャーロットに恋する・・・

ストーリーを浅く追った感じで残念だが 
人気ヴァイオリニストデビッド・ギャレットがロックミュージシャンのように演じるのが見もの。
パガニーニの弾き方 そういえばどっかで・・・と思ったら 
イングヴェイ・マルムスティーン が影響されていたそう。
デビッド・ギャレットはジミヘンに影響されたらしく 繋がっていくのが
面白い。
イギリスの劇場で 美青年を連れた男がヘルムート・バーガーとは気づかず
美青年しか見ていなかった。

■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-02-22 11:32 | 文芸 史劇 芸術映画 | Comments(0)
旅の想いで
海で拾った白い砂と貝殻を 100均の壜に入れた。
■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-02-21 18:10 | 雑貨 | Comments(0)
セブ島
昨年トルコ、今年モルディブと旅行が流れ やっとセブ島へ。

寂しがりのP-クンは寝る時も買い物に行く時も「行かないで~」(画像参照)状態なのだが
 
旅行と分かるらしく トンネルに入って黙ってものすごく怒った顔で篭城。

雪が降る中を半袖にパーカーの他2名と出発。
セブ島といってもリゾートがあるのは隣のマクタン島。


泊まったのはコスタベラホテル。
皆午前中に船に乗って無人島に遊びに行くのでほんとにほぼプライベートビーチ。
満潮は午後なので 午前中は海底散歩が出来るほど引き潮。
黄色くて細い小さな魚や 黄色と黒の縞模様、ブルーの魚が泳いでる。

南国のスイカジュースは美味しい。
日本人、韓国人、中国人、ロシア人 欧米 国籍豊か。
1日目はビーチで アジア系のすごい美男美女が映画のようなLOVEシーンを
繰り広げ見とれてしまう。
泳ぎ好きな他2名はガチで泳いでいたが私は日がな 海に浮かんでシュール過ぎる
ジェット噴射フライボードを見てた。


夜のディナーはバンドが各テーブルを囲んでリクエストで歌ってくれる。
とはいえ急に言われても思い浮かばないので 「あなたのお気に入り」をリクしたら
私が好きだった曲だった。
なぜかバンドが歌う曲もラジオから流れる曲も80年代洋楽が多かった。
ディナー後は 夜の海岸に置かれた星を見るのに最適なソファで天体観測。
ホテルにいついてる三毛猫と遊んだ。

3日目は街中のビジネルホテルへ移動。
いつも南国で泳ぎ過ぎてヒートアップする1名が不調になったので
午後まで寝て それからタクシーでセブ観光へ。
サンペドロ要塞、マゼランクロス、サント ニーニョ教会。

市場の小鳥屋。

焼きバナナ、30円。さつまいもみたいで美味。

マクタン島に戻り、マゼラン記念碑&ラプラプ像。
ここのハーバーは綺麗でお奨め。


ホテル前のスーパーで お土産を買って 約1名不調なので
海外で始めて日本の居酒屋でディナー。
朝は町中から「コケコッコー」

セプ島は子供から20代の人だらけ、中年から老人はほとんど見かけない。
女の子が多く、皆な フワリとしたロングヘアで可愛い子ばかり。
山羊と犬と鶏も多い。
犬は食堂で食べている客の下で待ってたり 肉を焼いてるお店で
順番を待っている。

グァムに行く気楽さ、アジア好きなひとにはお勧め。
■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-02-14 17:03 | 海外旅行 | Comments(0)
*

■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-01-28 21:46 | ヴィンテージ | Comments(0)
ちびメーカー


ちびメーカー
■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-01-27 22:22 | バトン/占い | Comments(0)
ぴークン

毎朝 「りんごちょーだーい」と立ち上がるので困ります。
下方の齧り棒は1日で半分になった。
■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-01-21 10:57 | うさぎ | Comments(2)
ぴークン
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

最近 果物屋さんの蜜入り林檎が大好き。


■  [PR]
# by deadzone2 | 2015-01-13 00:23 | うさぎ | Comments(0)
ポーケのファッション画集


ネットによく出回っていますが
「ポーケのファッション画集
19世紀の銅版画家 フランスと異国の貴族・民衆の服装」を買った。
■  [PR]
# by deadzone2 | 2014-12-29 23:10 | ロココ | Comments(2)


XML | ATOM

skin by deadzone2